歴代会津藩主簡易年譜


藩主名 年代 主な出来事(簡易)
初代・正之 慶長16年(1644) 保科正之、2代将軍秀忠とお静(秀忠の乳母の侍女・小田原北条家浪人神尾の娘)の間に誕生
幼名幸松。秀忠の正室お江(織田信長の妹であるお市の娘)に隠しての出産だった。
慶長18年(1651) 老中の依頼により、武田信玄次女の見性院、田安屋敷に幸松を引き取り養育する。(生母・お静も同行)
元和3年(1617) 見性院の依頼で、信州高遠藩(3万石)藩主保科正光(武田の旧家臣)、幸松を養子とし、お静とともに高遠城にひきとる。
寛永6年(1629) 正之、江戸城に登城し、大御所秀忠に拝謁。
寛永8年(1631) 養父保科正光死去。家督を継ぐ。従5位下肥後守に任ぜられる。
寛永11年(1634) 3代将軍家光に供奉して上洛・参内。
寛永13年(1636) 17万石加増、出羽に転封。
寛永20年(1643) 出羽山形より会津に転封。
正保2年(1644) 正之、将軍世子・徳川家綱元服の理髪を務める。
慶安4年(1651) 正之、病床の将軍家光から世子家綱補佐を命ぜられる。
承応元年(1652) 軍令・10ヶ条、軍禁・15ヶ条、家中の制・14ヶ条、道中の制・13ヶ条を改定。
明暦元年(1655) 社倉制始まる
明暦3年(1657) 武田氏の軍法を斟酌し、軍令10条・軍禁5条に改定。
万治元年(1658) 領内に倹約令出される。
寛文4年(1664) 正之、山崎闇斎を招き、論語を講義させる。
寛文6年(1666) 正之、先封加藤氏遺臣で軍学者・山鹿素行造言の罪を建言。
寛文8年(1668) 松平と称し、葵紋を用いるようにとの幕命を辞退。
正之、
家訓15ヶ条を定める。
寛文9年(1669) 正之、致仕。
寛文12年(1672) 正之没。
二代・正経 寛文9年(1669) 正経、襲封。郡村の蓄籾を増やす。
寛文10年(1670) 若松大火。
寛文12年(1672) 正之没。
延宝2年(1674) 若松に学校(講所)開設。山崎闇斎、大学を講義。
延宝8年(1680) 弟正容を養子にして世子とする。
天和元年(1681) 正経、致仕。没。
三代・正容 天和元年(1681) 正容(13歳)、襲封。
貞享元年(1684) 会津藩主及び彦根藩主に月次式日登城のほか毎月両次登城命下る。(溜間詰登城)
貞享2年(1685) 正容、幕命により上京して天皇即位の儀に参列。参内する。
元禄2年(1689) 町講所(町人の学問所)開設。
元禄9年(1693) 松平と称し、葵紋を用いるようにとの幕命を請け、会津藩主は代々保科姓から松平姓となる。
元禄10年(1694) 軍制を甲州流から河陽流に。
元禄15年(1702) 当主摘主は幕章に準じた葵紋、庶子は蕨手中に葵の紋とする。
享保8年(1723) 会津大風雨・大洪水の被害甚。
享保16年(1731) 正容没。※治世中、重ねて節倹令を出す。
四代・容貞 享保16年(1731) 正貞(8歳)、襲封。
寛延2年(1749) 農民、若松城下まで群訴。
寛延3年(1750) 正貞没(27歳)。
五代・容頌 寛延3年(1750) 容頌(7歳)、襲封。
宝暦10年(1760) 容頌、幕命により上洛して将軍の右大臣となるを謝す。参内して天盃を賜う。
安永5年(1776) 容章(容頌の叔父・後見役)の子容詮(かたさと)を養子とする。
天明2〜4年
(1782〜84)
天明の大飢饉。
天明4年(1784) 軍制を長沼流に改める。
天明5年(1785) 家老田中玄宰、年貢率引下げを実施。
天明6年(1786) 容詮の子容住(かたおき)を養嗣子とする。
天明7年(1787) 田中玄宰、藩政改革に着手(大綱を発表)。
天明8年(1788) 六行八則の令。四郡役所に目安箱を置き言路を開く。
寛政3年(1791) 初めて弓銃を用いて調練。初めて学校奉行を置く。
寛政4年(1792) 初めて追鳥狩を行う。
寛政5年(1793) 江戸に会津の産物会所を開く。
寛政7年(1795) 社家・修験・陰陽師・名主・郷頭等は刀の下緒の制を別にする。
寛政9年(1797) 嗣子容住、井伊氏を正室とする。
享和元年 日新館開校。
文化2年(1805) 考課九等四善の格を定める。容頌(62歳)、没※治世中、重ねて節倹令を出す。
六代・容住 文化2年(1805) 容住襲封するが、病没(28歳)。
七代・容衆 文化3年(1806) 容衆(3歳)、襲封。財政窮乏により、家臣の俸禄を藩庫に納める。年貢を5分下げる。
文化4年(1807) 会津藩士野村忠太郎、蝦夷視察の堀田摂津守に同行。
文化5年(1808) 幕命により蝦夷警備。
文化7年(1810) 幕命により江戸湾(西側の相州)警備につく。学制改革し、朱子学を中心とする。
文化8年(1811) 医学館を城下につくる。
文政3年(1820) 沿岸防備免除を願い出、許可される。
文政4年(1821) 将軍家斉の娘・元姫を正室とする。
文政5年(1822) 弟容敬※を養嗣子とする。容衆没。※公式で容敬は6代容住の3男で7代容衆の弟だが、実は水戸6代徳川治保の次男義和の子で生後極秘で養子になっていた。
八代・容敬 文政5(1822) 容敬、襲封。
文政7年(1824) 神道修行の奨励。学校教則を改定し、文武を振興。佐竹氏から正室を迎える。文武・兵学未熟者は家督をついでも奉職できない制度を定める。
文政8年(1825) 将軍の命により上洛・参内。天盃を賜う。
天保3年(1832) 天保の大飢饉始まる
天保5年(1834) 前年の凶作にて、膳米2000俵を出して窮民救済。幕府に救助を求め、金1万4700両を賜う。
天保7年(1836) 凶作対策として、蕎麦・雑穀を植えさせる。この年、家臣の俸米給付できず。
天保8年(1837) 水戸藩主徳川斉昭藩内凶作にて米提供を乞う。2千俵提供。大塩平八郎の乱後の事情を視察させるため、藩士を下坂させる。
天保13年(1842) 江戸藩邸に学校奉行を置く。
天保14年(1843) 会津藩、将軍日光参拝の守衛につく。城内三の丸で練兵。美濃高須藩主松平義健6男松平容保を仮嗣子とすることを幕府に告げる。
弘化元年(1844) 水戸農民、会津に来て藩主斉昭の謹慎解除を訴える。
弘化3年(1846) 容保を養子とする。容保に手書きの教訓数条を与える。
弘化4年(1847) 房総警備の幕命。天保の大飢饉来の財政危機を理由に辞するが容れられず。藩士一瀬大蔵に江川太郎左衛門から洋式砲術を学ばせる。
嘉永元年(1848) 浦賀奉行浅野、房総警備の川越・忍・彦根・会津に意見を求める。
嘉永2年(1849) 幕府、川越・忍・彦根・会津藩に外国船入港の際の処置を協議させる。容敬、英国船来航時、幕府に対して沿岸警備を上申。また異国船打払令復活を海防不十分を理由に否とする。家臣救済のため貸付金帳消。
嘉永4年(1851) 江川太郎左衛門に大砲鋳造を依頼し、砲台に設置。容保、初のお国入り。
嘉永5年(1842) 容敬、没。



戻る
  九代・容保期へ

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO