会津藩の職制家臣組織



【職制】





【身分別主要役職】

身分 紐制 役職 俸禄
上士
御敷居内常上下 近習 御大老、御家老、若年寄 知行
1 御敷居内常上下 近習 奉行、御用人、御側、大御目付 知行
外様 番頭、猪苗代御城代、新番頭、御家老組組頭、大組物頭 知行
2 常上下
黒紐格上
近習 御小姓、若殿御小姓、御奏者番、御刀番、御大老付寄合組頭、御聞番、若殿御用役、御使番 知行
外様 新番組添役、御旗奉行、物頭、御家老附旗奉行 知行
黒紐格下 近習 町奉行、御蔵入郡奉行、郡奉行、御式方用役、公事奉行、御普請奉行、武具奉行、学校司業、御目付、金山奉行、大納戸、御納戸、若殿御納戸、御次番、御祐筆、御前様御用役、御供番、若殿御供番 知行/
切符
外様 無役組、御家老附外様士、番頭附外様士 切符
3 紺紐 外様 猪苗代士 切符
4 花色紐 近習 厩別当、御勘定頭、御近習番、会津両納戸、御側医師、若殿御側医師、御大老寄合組、御近習ニノ寄合、芸者、組外之士 切符
外様 御家老附一ノ寄合、新番組士 切符
中士 5 茶紐 近習 御医師、御坊主頭、御賄頭、若殿御賄頭、女中付、御用所役人、御用部屋役人、御用部屋之者、御用人所吟味役、神料役人、御普請方吟味役、御勘定所改役、深川御屋敷守、江戸御金払、廻米役人、検地役人竿頭、御近習三ノ寄合 切符
外様 御家老附ニノ寄合、檜原御境守、御家老附三ノ寄合 切符
6 御通者
萌黄紐
近習 大賄役、兵器役人、御台所目付、御徒組頭、御徒目付、若殿御徒目付、貸方役人、御坊主組頭、若殿御坊主組頭、御月代番 切符



御敷居内、常上下の役職(勝手次第又は紫紐)。政鷹(御用の間)に出勤。
御大老 藩主が幼弱のときに補佐役として家老の上に置かれる。
御家老 5人(あるいは4人)。藩主の補佐役。国政の大小事の総理。大事は藩主の決裁を経て執行。小事は前例のあることは家老だけで決裁。
若年寄 2人。「加判の列」と称する家老職見習。家老・若年寄の書記局を「御用所」という。
御敷居内、常上下の役職(納戸紐)。政鷹(御用の間)に出勤。
奉行 3人(あるいは2人)。米金の出納、人民の撫育、商道の拡張、取賄方すべて。出火の際の指揮。奉行の書記局を「御用部屋」という。
大御目付 2人。政鷹に座するが、可否には参加しない。家老以下の政事が理を失すると判断したとき、藩主に上言する。その他、士分以上の犯罪断文を本人に読み渡す。
常上下(黒紐格段上)
御小姓 20人(奥番、御膳番、平番)。君側の仕事。他人との交際禁止。往来は親族の服喪のみ。
御奏者番 9人(江戸定詰1人)。幕府へ献上物、諸家への進上物、姓名の披露、大小名の来邸取次、幕府の奉書・拝領物の受取。
御刀番 4人。藩主の刀の捧持職で、「御供頭」と称する。他行・供出を差配。配下に御手廻小頭、御手廻等。
御使番 9人(江戸定詰1人)。君命を奉じて使者に立つ。
黒紐 格段下
町奉行 2人。配下に町役所勤、立入勤、神料役、寺社下役、公事方交易方常用、同心、同心小頭、定廻り
御蔵入郡奉行 2人。御預所の事を総管。配下に役所勤、吟味役、調役、公事方取立役、同心小頭、同心。
郡奉行 4人。会津、河沼、耶麻、大沼の四郡を差配。配下に役所勤、割元役、小役人、公事方、社倉方、堰方、検地竿頭、検地方、大川除方、同心小頭、同心。
公事奉行 3人。断獄訴訟を担当。配下に吟味役、調役下役、同心小頭、同心、間筋之者。
武具奉行 1人。武具役所勤、同心下役。
山奉行 2人。当用の材木、諸所の材木繁殖、漆木蕃茂、蝋を所轄。配下に同心小頭、同心、山改役。
御式方用役 1人(目付のうち1人が担当)。下役4、5人。諸家の分限、祭事法事の式、吉凶婚葬の式、婚葬金支給を所轄。
廻米奉行 2人。廻米を所轄。配下に荷頭、荷才領、上乗等、50〜60人。同心若干名。
金山奉行 2人。諸鉱山を統理。配下に金山役所勤、下役人、山師同心。
駒奉行 2人。牛馬を統理。配下の吟味小役人、村落に出張し、繁殖・貸与等を担当。
人参方奉行 2人。会津の特産品・朝鮮人参の播施・収穫・販売一切を統括。配下に人参方勤、同役人、監訂役同心。
御目付 藩主の目代で万事取締筋を総管。江戸勤番の往返には、到着の即日、家老同道で藩主に拝謁し、動静を上言。
御納戸 6人(江戸定詰2人)。藩主の衣服、大小刀、装束等を司る。織師、染師、柄巻、鞘師、鮫師、研師を支配。
御次番 4人。寝所の次に宿直。藩主旅行の際の旅館設営、笠・日和傘を奉する。
御祐筆 6人(江戸定詰2人)。一紙証文その他諸家への書簡を筆記。
御供番 60人。藩主外行の際、馬前に立って護衛。武術優秀者から選ぶ。



【知行定格】

1000
石高
近習 御家老(勝手次第あるいは紫紐)
700
石高
近習 若年寄(勝手次第あるいは紫紐)
外様 番頭(納戸紐)
500
石高
外様 猪苗代御城代新番頭
300
石高
近習 奉行御用人御側、御奏者番* (*は黒紐格上)
外様 御家老組組頭、物頭*、御旗奉行*
200
石高
近習 大御目付、御刀番*、御使番*、町奉行**、御蔵入郡奉行** (**は黒紐格下)
外様 御家老附旗奉行*
150
石高
近習 郡奉行**
130
石高
近習 公事奉行**、産物奉行**、御普請奉行**
100
石高
近習 御目付**



【切符定格】

18石
3人扶持
近習 御納戸**、御次番**
13石
3人扶持
近習 御祐筆**
外様 番頭**



戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO