会津藩の武家屋敷





会津武家屋敷として慶山に復元された西郷頼母邸


会津藩の武家屋敷は階級(俸禄)によって、配置・間口・坪数などが決まっていた

1 知行取
ちぎょうとり
郭内(外堀内)に屋敷を構える。
●大身(1,000石以上)は城の周辺。
●瓦、庭は大身に制限されていた。
●中・下級知行取藩士(500〜100石取)の屋敷については、●間口、面積、建築費用の基準が定められていた。
400〜500石 45坪 200〜250石 33坪
300〜350石 39坪 100〜150石 30坪
2 切符取
きりふとり
郭外(外堀外)に屋敷を構える。(特に建築基準はなかったようだがだいたい以下のような広さ)。
年割(50〜10石) 約24坪 月割(10石以下) 約10坪
3 扶持米取
4 高懸り
たかがかり
郭外の組屋敷に居住。

出典:『近世会津史の研究・上』より



戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO